TEL:084-933-2944

広島県福山市今津町3-9-10

福山市錦織眼科医院(今津医院)・柳津医院日帰り白内障手術 緑内障 斜視 弱視 小児弱視 神経眼科歯科医院

小児眼科・斜視弱視

往診について 柳津にしきおり眼科についてはこちら
HOME»  小児眼科・斜視弱視

小児眼科・斜視弱視

当院では、乳児から小児まで、お子様の眼科診療を広く行っております。 小児の眼の病気は、自覚症状が乏しいことから、悪化するまで気付かない場合があります。 特に視力においては、発達する期間(臨界期)があり、8歳くらいまでしか育たないと言われています。その間に、遠視(屈折異常)や眼の位置ずれ(斜視)、白内障(視性遮断)などにより、視覚刺激が減った場合、視力が育たない、いわゆる弱視となってしまいます。そのため、臨界期までに良好な視力と両眼視機能を発達させることが必要なのです。 当院では、国家資格の視能訓練士による斜視弱視検査を行っており、必要に応じて、錦織織眼科医院(今津町)の斜視弱視外来に予約の上、共同で斜視弱視の診断・治療にあたっております。斜視弱視外来の間は、院長が定期的に診察してまいります。

斜視外来の日程 〔錦織眼科医院(今津町)にて診察します〕

斜視弱視外来の日程:12月27日(木) 
(次回は、春休み時期を予定しております。)

担当:木村 久医師(前川崎医科大学准教授・前川崎医療福祉大学教授・神経眼科相談医)

Top