TEL:084-933-2944

広島県福山市今津町3-9-10

福山市錦織眼科医院(今津医院)・柳津医院日帰り白内障手術 緑内障 斜視 弱視 小児弱視 神経眼科歯科医院

抗VEGF抗体療法

往診について 錦織眼科医院(今津医院)
HOME»  抗VEGF抗体療法

抗VEGF抗体療法

加齢黄班変性 網膜静脈閉塞症の黄班浮腫 糖尿病黄班浮腫 近視性脈絡膜新生血管症の治療

加齢黄班変性
加齢黄班変性には大きく萎縮型と滲出型に分けられます。そのうち、滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が脈絡膜から網膜色素上皮の下あるいは網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害される病気です。
網膜静脈閉塞症の黄班浮腫
網膜静脈が詰まってしまうと、静脈の圧力が増し、血流が低下します。そのため、網膜血管で出血がおこったり、血液中の成分が網膜にもれ出します。その結果、視力にとって最も大事な黄班にむくみが生じます(黄班浮腫)。
糖尿病黄班浮腫
糖尿病網膜症は、糖尿病による血糖の高い状態が持続する結果、網膜に張りめぐらされている細かい血管(毛細血管)が壊れることで起きる病気です。悪化すると、視力にとって最も大事な黄班にむくみが生じます(黄班浮腫)。
近視性脈絡膜新生血管症
近視の中で、特に度数が強く、眼軸長が長いものを強度近視といいます。強度近視では網膜が引き伸ばされ網膜と脈絡膜の境界が障害されると、新たにもろい血管が網膜の下に生えてくることがあります。結果、網膜の下に血液や水分がたまって視野障害や視力低下の原因となります(黄班部出血、黄班浮腫)。
薬物治療
脈絡膜新生血管の発生には血管内皮増殖因子(Vascular endothelial growth factor:VEGF)が関与していると考えらています。そのVEGF物質を抑える薬には、ルセンティス®、アイリーア®などの薬があります。眼の中の硝子体腔に4週ごとに注射する方法です。病気の種類、進行具合により、注射する回数、頻度は変わってきます。
Top